<   2007年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ポルシェ(ケイマン)とBMW(6)のキー

c0121975_0235483.jpg最近、車のキーはBMWのようにキーの先端部分が格納されている形状が多いです。ボタンの機能もメーカーの考え方が、小さいキーの中にさりげなく反映されているように思えます。BMWの上段ボタンはドア開錠、中段ボタン(BMWマーク)はドア閉錠、下段ボタンはリアトランク開くようになっています。ドア閉めをBMWマークで押させる行為が、潜在的にBMWに対する意識を消費者に浸透させているんだなぁと感じます。ポルシェケイマンのキーは先端があるごく普通の形状ですが、スポーツ性を意識しているのでしょうか?いつまでもこのシンプルさを継承して欲しいと思います。


c0121975_0273073.jpg画像左側はポルシェケイマンのキーで上段がドア開閉、中段がフロントボンネット開錠、下段がリアトランクが開くようになっています。ドアの開閉を1つのボタンで操作できる所が、機能的に考えるポルシェらしさを感じます。ちなみに右側のキーは、マツダのデミオ。ドアの開閉ボタンがそれぞれ付いています。デミーちゃんのキーは意外と質感は良いのですよ。
by car-blog | 2007-05-31 00:32 | 車パーツ

BMW6の内装

c0121975_924187.jpg以前に、エンジンスタートボタンを押してもエンジンが掛からなかった時がありました。その時は比叡山ドライブウェイの山頂にいたので、動きが取れない状態でした。しばらくするとエンジンは掛かりましたが、その後何回か同様の症状が出ました。当初ディーラーでは、ブレーキペダルの踏む力が弱いとエンジンが掛かりにくいと説明受けましたが、結局、熱が原因でコンピュータ異常起こしてました。コンピューター取替え交換で今現在は健在です。時々このボタンを押下してもエンジン掛からないんでは?思い出す時があります。これが最初のトラブルでした。それ以外ではメーカーのリコールが1つありました。


c0121975_911445.jpg内装で嫌いな部分は、モニターが組み込まれているもっこり膨らんでいるデザインです。最近は見慣れてきたので違和感が無くなりつつあります。全体的に6シリーズは、このクラスの車と比較してもシンプルな内装です。


c0121975_915598.jpgオプション設定で良かったのは、BMWプロフェッショナルHiFiスピーカーシステムです。これは、420Wの11スピーカー、5チャンネルサラウンドの設定で、いい音を奏でます。メーカーオプションでこれだけの音響レベルを作れるなら外品のスピーカーやアンプを考えなくて済みます。最近では、ナビの機能を重要視してましたが、車の中のプライベートルームは、音楽を気持ちよく聴ける環境の方が大事な要素と思えるようになってきました。それは自分の好きな音楽を聞きながらBMW6を運転することが1つの楽しみになっているからです。
by car-blog | 2007-05-30 09:54 | BMW

神戸にある和歌山ラーメン

c0121975_11531585.jpg食べる物は、イタリアン、フレンチ、和食、中華...etcなんでも好きですが、その中でもラーメンは好きな中の1つです。いろんな地域に行っては、食べる時があります。前までは、豚骨・鶏ガラ・しっかりした味が基本好きでしたが、どうも最近は塩ラーメンの魚介系が好みです。年齢とともに少しづつあっさり系(の中にしっかりが基本)に移行しているように思います。
神戸に行った時に、「あじゅちや」という和歌山ラーメンのお店へ寄りました。今回で3回目です。スープは、こってりの「熟成」、あっさりの「淡成」、普通 の「源味(もとあじ)」の3種類があります。3年前に最初来た時は、源味を注文し、豚骨、鶏ガラ、もみじ等を長時間煮込んだスープが、しっかりした味が出ていて、ストレート細めんとの相性が良かったことが印象的でした。今回は、「淡成」を注文しました。和風スープ(魚介系?)がブレンドされて、しつこさが消されて食べやすくなっています。個人的好みからいうと「淡成」が好みです。
<個人的価値の評価>
あんまり☆ 普通・まあまあ☆☆  良かった・美味しい☆☆☆
1.味は?:☆☆(淡成おすすめ)
2.商品と価格バランス?:☆☆(店でスープ仕込みを考えると一般的価格)
3.スタッフの対応?:☆☆☆(きちんと応対してくれます)
4.店作りの感じ?☆☆(木の暖かみとレトロなイメージ)
あくまでも、ぼくの個人的感想なのであてにしないでね!

c0121975_124244.jpg

以前、神戸空港に寄った時、購入した観音屋チーズケーキを食べました。オーブンまたは電子レンジで温めないといけないのがネックです。
1番ベストな焼き加減にするためには、オーブン時間の設定が左右されます。ぼくが手を加えることによって、美味しいチーズケーキを焼くタイミングがずれていたのでは?などいろんな思いを考えながら食べると本当のベストな美味しさを見失います。こういったデザート系は、そのままの原型で食べられる物じゃないと、ぼくの性格にあってないかも知れません。
<個人的価値の評価>
あんまり☆ 普通・まあまあ☆☆  良かった・美味しい☆☆☆
1.味は?:☆(感動なし)
2.商品と値段バランス?:☆(自分で焼いての350円は高い)
3.スタッフの対応?:☆☆(一応オーブン等を使う説明ありました)
4.店作りの感じ?☆☆(神戸風イメージ)
あくまでも、ぼくの個人的感想なのであてにしないでね!
by car-blog | 2007-05-29 12:10 | グルメ

BMW6の夜景撮影

c0121975_2136535.jpg

この前、神戸に行った時、初めての夜景モードに挑戦しました。三脚立てて露出やシャッタースピードとか意識しながら何枚か撮ったのですが結局、夜景のオートモードで撮ったのが、1番まともでした。写真撮影は奥が深いとつくづく実感しました。画像の背景には、モザイクの観覧車とオリエンタルホテルが背景に映っています。ぼくは、昼の神戸より夜のイルミネーションが綺麗な神戸が好きです。地元京都は、夜の明かりが寂しいので特にそう思います。こうやって夜景で撮影するロケーションが意外と少ないです。次回は、ケイマンを撮影します。
(キャノンG7で撮影)


c0121975_0281361.jpg

20代前半の頃、ぼくが持っていた神戸のイメージは、この画像にあるポートタワーやメリケンパークが映っているイメージでした。こうやって久しぶりに来るとあの頃は、何に対して夢や目標を持っていたのか原点に戻ることができます。たまに思い出のある場所を訪れることで、自らの原点を省みるようにしています。
ぼくは何か新しい事を始める時や物事が上手く進んでいない時に思い出のある場所に行くことがあります。それは自分自身が情報化社会の中でずれた考えをリセットするためです。
神戸は、いくつかのリセット場所の中の1つになります。
by car-blog | 2007-05-28 01:07 | カメラ

神戸花鳥園

c0121975_11252884.jpg

久しぶりに神戸方面へ出かけました。黄砂の影響で神戸の綺麗な山の景色が全体に曇ってました。神戸花鳥園では、黄砂の影響なく冷暖房のガラスハウスで夏は涼しく冬は暖かくなっている環境なので、植物や鳥と楽しく触れ合う事ができました。
駐車場も広くて90分まで無料です。それを超えると終日500円かかります。


c0121975_1141677.jpgふくろうの顔にある特徴的な輪郭は顔盤と呼ばれ人間の耳たぶのような役割をしているそうです。この顔盤がパラボラアンテナのように音を効率的に集め立体的に聞くことが出来る仕組みになっています。それでフクロウは夜の闇の中で音だけを頼りに狩ができると言われています。


c0121975_12252280.jpg

神戸花鳥園から車で約5分くらいの所に神戸空港があります。いつも利用するのは関西国際空港か伊丹空港なので、神戸に来たついでに寄って行きました。
空港近くで、6を撮影しました。斜め後ろと真横のBMW6は好きなアングルです。

c0121975_1242694.jpg

少し夕暮れの写真(左側)とIT企業社長の自家用ジェット(楽○)
神戸空港に寄って、買ったのは観音屋のチーズケーキだけです。店のカウンター等にメディアに取り上げられたことを宣伝されてましたが味の方はどうでしょうか?ぼくは、全般的にメディア広告の影響を受けないのですが、運転に疲れていたせいかこの時、非常に甘いものが食べたくなり吸い込まれました。今回、初めて購入するので味はどうかわかりませんが、印象に残ればまた報告します!
by car-blog | 2007-05-27 12:48 | ドライブ

BMW6

c0121975_10554172.jpg今日は近畿地方全般、良い天気です。こんな日は涼しい朝に洗車をすることが多く、ゴールデンウィークから汚れが蓄積されていたBMW650の洗車を行ないました。BMW6のボディコーティングは、ダイヤモンドメイクのスーパーモノコックを施工してあります。このコーティングは撥水性でありケイマンの施工しているクォーツガラスの親水性とは異なります。洗い上がり後の水滴は、スーパーモノコックとクォーツガラスでは、少しクォーツガラスの方が流れが良いかなと感じます。
1番大きな違いが有るとすればボディの手触り感が違います。
スーパーモノコックは、ワックスが取れた感じのキュッ、キュッとした手触り感覚で滑らかさはありません。クォーツガラスは、少しワックスが掛かってる滑らかさを感じます。両者とも洗車方法やメンテナンス方法は同じです。
ボクの気持ちの問題ですが、施工方法で気になる事があります。それは、溶剤をボディにすり込んで塗るか、スプレーでボディに付着させるかの作業方法の違いですが、以前からすり込む作業工程で、ボディにキズが付かないか不安でした(安心して任せられるショップがなかったことも要因ですが)それに対してクォーツガラスの施工は溶剤をスプレーで付着させる作業なのでボディーにキズを付けるリスクも少ないので気持ちの上で安心します。しばらく新しい商品が出るまでは、クォーツガラスで行こうと考えています。


c0121975_11315464.jpg内装色はシャトーカラーです。ワインレッドみたいなカラーです。サンドベージュよりも汚れが目立たないかも。

c0121975_11361771.jpg最近、ケイマンばかり贔屓していたので、BMW6も愛情込めて洗車して、きれいになりました。磨きキズも無くこのまま維持して行きたいです。そうした些細な気持ちがいつも安全運転や事故防止につながっています。
by car-blog | 2007-05-26 11:47 | BMW

ひっかけ傷防止シート

c0121975_13581089.jpg車を購入すると最初、ドアノブにひっかけ傷防止シートを貼ります。知らないうちに傷が付いていることがあり、特に白い車の場合は目立ちます。いつもは画像右側の商品を使用していましたが、粘着力が強いので少し弱めの商品を探しています。
今回は、試しに画像左側の商品を使用しました。もともとドアステップ用なので少し厚みがあるため、ドアノブには使用しにくい感じです。
結局、いつも使用している傷防止シートを貼ることにしました。(目立たないので)


c0121975_112811.jpg
このように指先が当りそうな箇所に3ヶ所貼ります。
シートの厚みが薄く、粘着力が少し弱めのモノがあれば、ご紹介ください。
by car-blog | 2007-05-25 14:19 | 車パーツ

V-MAX

c0121975_14392479.jpgこの季節になるとバイクが懐かしく思います。約6年前、YAMAHAのV-MAX(逆輸入)が欲しいために限定解除を取ったようなものです。当時は次にハーレーも視野に入れていたので、歳をとる前に早めに免許取得した方が、いいかなと考えていたと思います。
V-MAXは、かなりパワフルな印象が残っています。高速道路で、かっ飛ばすとシャーシがパワーに負けてるのが感じるほどでした。とりあえずパワーについては凄いの一言です。
そして、V-MAXは2点変更した覚えがあります。1つ目はあめ玉のようなウィンカーです。これは、1番最初に小さめのウィンカーに変えました。2つ目は、マフラーです。左右2本だしの計4本のマフラーにしました。マッスルな車体に似合っており、音も低音の迫力あるマフラーでした。今も自分が所有してたV-MAXが現役で元気なのか気になります。
日本のバイクメーカーは、歴史があって、味わい深いものが多いです。
日本の車メーカーも頻繁に新しい車種を増やさず、1つの車種くらいは継続性を持って、こだわりある車作りを続けて欲しいと思います。
(画像は、メーカパンフレットのノーマル状態のものです)
by car-blog | 2007-05-24 15:04 | バイク

納車1ヶ月経過して

c0121975_1354311.jpg

ケイマンSが納車してから早くて、1ヶ月少し経過しました。
どうしても以前に乗っていた996C4Sと比較してしまいがちです。
4Sはボディ幅も1830mmとグラマーでケイマンと30mmしか変わらないのですが、
とても大きく見えました。車の30mmの差は大きいんですね。
ケイマンのリアはどちらかと言うと上の盛り上がりラインが目立ち、4Sは横の膨らみラインが目立ちました。(ヒップが横に大きいか上に引き締まって大きいかという違いでしょうか?)
ホィールは、ケイマンが19インチに対して、4Sは18インチでしたが、標準の18インチは今でも十分見れると思います。
パワーに関しては今の所、ケイマンは慣らし運転中で3000回転までの話しかできませんが、どちらもトルクがあり正直、優劣付けられないレベルです。
高回転・高速域で約20馬力と4輪駆動の差が出るのでしょう。まぁ、性能うんぬんの話は正直、ぼくレベルの運転技術の持論は、どうでもよくて、ポルシェに言える事は車種関わらず、どのグレードを選択しても満足度が高いように作られているメーカーと言えます。そして、ポルシェを所有した日から幸せになり、なぜか休みの朝が早くなることです。
by car-blog | 2007-05-23 14:55 | caymanS

ウィンドウフィルム

c0121975_20324850.jpg

リア3面にフィルム貼りました。当初、メタリックダークグレーで考えてましたが、試しに貼って確認すると、アトラスグレーとの相性がイマイチで、見る角度によってミラーの強さが際立ち、リアガラスだけが目立ちそうなのでやめました。今回、選んだのはペールスモークです。車のボディカラーとのバランスを考えると、1番違和感がありませんでしたので、これに決めました。プライバシー守ることを考えると、あまり濃く無いフィルム(可視光線透過率30%)なので、天気の良い日は、中を覗くと見える方です。(内装が明るいサンドベージュなのでそれも原因と思います)
運転・助手席側に断熱フィルムも予定してましたが、窓の開け閉めによる縦傷の線が入ったり、汚れがつきそうでしたので、今回は見送りました。今後、暑さが気になるなら、しばらく様子を見てフロントガラスに断熱フィルムを貼っても良いかなと考えています。しかし、問題がありフロントガラスにフィルムアンテナが貼ってあるのでそれを剥がして新しくフィルムアンテナを購入しなければなりません。


c0121975_20413336.jpg今回、施工して頂いたショップは、ポルシェ施工に手馴れておられるMAXさんにお願いしました。ポルシェに乗っておられる方に紹介して頂き本当に良かったと思います。
スタッフの方が親切にアドバイスをして頂き、そして綺麗に洗車までしてもらいました。ありがとうございました。
by car-blog | 2007-05-22 20:54 | caymanS