カテゴリ:他の車( 11 )

Aero-X Hoverbike

まだ少し走行が不安定かも知れませんが、良いですね〜


c0121975_10181712.jpg

by car-blog | 2014-05-19 10:17 | 他の車

デミオSPORT

2年乗ったカーボンブラックのデミオを諸事情により乗り換えることにしました。
旧デミオは、4速ATで燃費が約12キロ(市街8割、高速2割の走行)で、思った以上のびませんでした。でもエンジンは良く回りました!
ただ、新デミオと比較すると少しボディ剛性が弱いと改めて感じます。
c0121975_2129188.jpg

新デミオを選択した色は、ラディアントエボニーマイカという色です。
昼間は、少し紫色と茶色かかって見えます。なかなか自分ながら良い色かなと思います。
新デミオは、CVT7速で、燃費が約16キロ(今のところ全て市街地走行)です。
ガソリンが急騰していることもあって、燃費の向上は助かります(笑)。
このクラスの車は低コストの中で各社競争している主力車種ということもあって、各メーカーがどの部分に力を入れているか?良く分かるように思います。また各社コストを掛けている箇所が内外装に顕著に出るクラスだと思います。
c0121975_21292797.jpg

接写で撮影したラディアントエボニーマイカ。ケイマンのアトラスグレー同様、カメラで表現するのは難しい色です。
c0121975_21293926.jpg

これから3年間、酷使することになります。
by car-blog | 2008-06-09 21:31 | 他の車

ガヤルドLP560-4

c0121975_1130197.jpgガヤルドは2009年モデルからマイナーチェンジするんですね。その『ガヤルドLP560-4』ですが、僕は、かなりカッコイイので一目惚れしそうです。気になる値段は現行モデルから200万程高くなるそうなので、また手の届かない車になりそうです(悲)。
エンジンはパワーアップして、520→560馬力となり、僕のケイマンSより、パワーが倍近くになるので、想像するだけでアドレナリンが出てきそうです。


c0121975_1144233.jpg価格帯だけで考えるとF430の選択肢が出来てきます。フェラーリは、僕の中では「価値ある物」的な考えがあって、1度は仕留めたい車です。
もう少し予算を抑えようと思えばアウディR8も考えられます。
それとも2008年モデルの現行ガヤルドを安く購入するか?
この価格帯の車種を仮に購入する気持ちになって考えるのは、僕にとって最高の贅沢な時間です。
そんな車とドライブしている姿を想像するのは、楽しいひと時でもあります。




ガヤルドLP560-4について、アウトモビリ・ランボルギーニS.p.A.のステファン・ヴィンケルマン社長兼CEOは、「すでに究極の域に達した車を、さらに大幅に強化したバージョンだ」と表現する。
by car-blog | 2008-03-06 12:07 | 他の車

京都輸入車ショー

「京都輸入車ショー」は、京都の輸入車ディーラーが集まって開催しています。
モーターショーとは違って、規模が小さい展示会です。
でも、日頃なかなか外車ディーラーに回れないので、
会場に足を運ぶことで全てのディーラーを回れる利点があって、有難く思います。

c0121975_0271284.jpg輸入車ショーは新車の展示がメインですが、このように930ターボといった古い車も展示されていました。


c0121975_0323221.jpgスーパーカー消しゴムで数多く持っていました。


c0121975_0335897.jpg小さい頃、ランボルギーニ・ミウラのライトが大嫌いでしたが、今はいいと思います。好みは年齢とともに変わっていくものですね!


c0121975_0375625.jpgフェラーリ・Dinoは、小さい車体ですが存在感があります。


c0121975_0443883.jpgメルセデスベンツ230SL(1966年式)。
ベンツは最近のデザインより昔の方が良いと感じます。


c0121975_0475138.jpgFIAT500。今回は案内が来ていたので、どちらかとこの車を見にきました。
MINIのシェアをどれだけ取れるのかな。


c0121975_0512111.jpgDUCATIのブースもありました。
DUCATIは、ガレージに飾っておいても絵になりそうです。




ケイマンで関東へ出陣しました(もちろん仕事ですからね)。
行く道中で、富士山が綺麗に見えたので、公私共に何か言い事がありそうな予感がします(笑)。
c0121975_102058.jpg

by car-blog | 2008-02-19 01:10 | 他の車

アウディR8

c0121975_12561628.jpg

R8の商談を申し込み、カタログをいただきました。カタログは、しっかりとしたシルバー色のブックカバーで、その中にカタログとCDが入っています。このカタログは、3000円くらいするそうです。
商談する場合は、カタログはサービスだと思います(お金払ってまで商談することないですものね)。
R8は、うちの近所では西宮のディーラーしか取り扱っていませんので、少し遠いのがネックです。
c0121975_1332812.jpg
もし購入するとしたらホワイトかシルバーのボディカラーが良いかなと思います。
僕的には、街中で見たらドキッとする車の1台です。
パークトロニックのセンサーは、バンパーの下部に付いていて目立たないので、オプション装着しそうです。
意外とボディとバンパーの継目が目立ちます。
c0121975_1344552.jpg
シフトまわりが気に入ってます。
c0121975_13202117.jpg
リアディフューザーがないと最近、スポーツカーを感じなくなってきました。
駐車する時に輪停めに激突しないように注意が必要ですね。
c0121975_13234747.jpg
このリアスペースがあると助かります。ゴルフは1年に2回くらいしか行かないのに営業マンにゴルフバックが1つ収まりますよね?って聞いている僕は、なぜかゴルフバッグを基準にしている時があります。僕の場合はゴルフをしないので他のモノを基準にした方が良さそうです。
c0121975_13301067.jpg
1度は、ガラス越しにエンジンが見える車に乗ってみたい夢があります。今までエンジンって見えないのが普通の感覚でしたが、フェラーリのF430見た時は、エンジンを見せつけられた事に衝撃でした。
それからは、エンジンのスケルトンフェチになっています(笑)

今はR8やガヤルド、カレラが買えるように夢を描いています。
でも仮に購入してもブログでは内緒にしておきますね(笑)。
by car-blog | 2008-02-14 13:48 | 他の車

アクセル押し戻し追突回避

c0121975_13543012.jpg自動車会社は車の安全性について追求して行く必要があると思いますが、その一方でドライバー自身が安全とは何か?を考える必要があります。
今後、車はセンサー頼りで安全確保するのではなく、最終的には自分の運転がまだ下手なんだーと考えさせられる余地を持った車作りをしないとドライバーのレベル低下につながると思います。
(一言で言えば、ちょっと危険な車づくりを目指して欲しいのです...笑)
人間の習慣は恐いもので、間違った運転の習慣を覚えさせない車作りを願っています!

これから高齢化社会の中で車生活する人が多くなるから、車にいろんなセンサーを付けて安全性の基準を上げているのかも知れませんが、悪いけど、これからの高齢者で運転能力に見合ってない人は電車やタクシーにするべきですね!どうしても車で生活できない環境にいる人には国や自治体が援助して溢れているタクシーを高齢者に乗ってもらうのも良いですね。そうしたら、タクシーの台数を減らす必要が無くタクシー会社も忙しくなってメリットあるでしょう。(?)
これから高齢化社会に向けて税金をもっと上手く活用してもらいたいですね!


日産自動車は6日、今冬発売する高級乗用車「フーガ」の一部改良型に、赤外線センサーで前方の車両との距離や相対速度を計測し、近づきすぎると自動でアクセルペダルを押し戻すシステムを搭載すると発表した。ドライバーにブレーキを踏むよう促すことで追突防止につなげる。
by car-blog | 2007-08-07 14:39 | 他の車

マセラティ グラントゥーリズモ

今、ポルシェ以外の2ドアクーペで気になる車は、このマセラティ グラントゥーリズモ!
c0121975_828527.jpg
個人的に、わかりやすいデザインでカッコイイです。足まわりは、スカイフック・サスペンションの効果で、乗り心地、ハンドリングとも良いみたいですね。
僕が今乗っているBMW6よりは、独特のオーラがあります。「6」を購入してなかったら欲しいと思いますが気になる価格は1500万円~1600万円。BMW650iより、やっぱり高いかぁー。

c0121975_8293213.jpg

ピニンファリーナ・デザインの4座クーペボディは全長4881×全幅1847×全高1353㎜。シャシーはクアトロポルテ・オートマチックの短縮版で、ホイールベース2942㎜、車重1880㎏、前後重量配分49:51。405psを生み出す4.2リッターV8で、6段ATを介して後輪を駆動し、0-100km/h加速5.2秒、最高速285km/h。

後ろ姿も奇麗なデザインです。決して後ろ美人と言われることはないでしょう!
by car-blog | 2007-08-03 08:29 | 他の車

新型デミオスポーツ

c0121975_2035444.jpg現在乗っている旧型デミオくん。憎めない分厚い面構えに慣れました(笑)。この手の車は、一歩間違うと商用車ぽっくなるので、白以外のカラーを選択してデミオスポーツのグレードにしました。新車が出る事は、知ってたので気になりませんでした。それよりもモデルチェンジ前の車をいかに安く手に入れるかの勝負でした(笑)。

c0121975_19594915.jpg新型デミオ(素)見ても、それほど何も思わなかったけど、デミオスポーツだと、少しイメージ変わるなぁ。
旧型は、ボッテリのカワイイ系ですが、新型は、スリムの少し男前系になって良いですね!
by car-blog | 2007-07-11 20:29 | 他の車

会話と食事

c0121975_15513642.jpg
フェラーリを見ると、ついイタリアの国や人のことについて考えさせられます。
イタリアには世界のスポーツカーや洋服、鞄、靴など一流ブランドがあります。
そのイタリア人が大切にしている事は何か?と質問をすると「会話と食事」という返答が多いようです。そして、なぜそんなに大切なのか?さらに質問すると、「会話と食事」を通じて友人や恋愛の話、そして両親のことを思い出したり、楽しいサッカーの話ができるからと言います。
今、同じように日本人に質問したら何と言う返答が多いのでしょうか...?

イタリアには、日本のように大企業はないですが、オンリーワンの企業が多い国です。それは、食文化の違いから来ているとも言われています。日本は、時間に追われて食事していますが、イタリア人は食前から食後迄ゆっくり時間をかけて、楽しい1日を思い出しながら食事をします。その「会話と食事」を大切にしていることが一流の商品を作っている背景では、ないでしょうか?

最近、日本のモノづくりの環境は「品質、納期、コスト」が厳しいので、良いモノづくりの基本精神を見失おうとしていますが、「会話と食事」を大切にするイタリアのオンリーワン精神には考えさせられます。

余談ですが、それぞれの国の例えがありましたので挙げておきます。
・日本は、流行の商品があれば大量につくる。
・アメリカは、流行の商品があれば値段を上げて儲ける。
・イタリアは、流行の商品があっても大量につくらず待たす。

~60歳の還暦は、赤いフェラーリに乗りたいですね!
by car-blog | 2007-06-26 17:06 | 他の車

デミオスポーツ

c0121975_15215446.jpg

我が家で一番活躍しているのがマツダのデミオです。大雨であろうが、どこであろうが元気に出動しています。このデミオスポーツは1500ccで、このクラスの車(フィットやイストなど)を比較しても、特に動力性能が優れている訳でも無く普通です。スポーツと名が付くからサスペンションが硬いのか?と言われれば、これもノーマルのデミオと比較しても、さほど変わらないと思います。素デミオと大きくかわるのは、ホィール16インチにフロントグリルやバンパーそしてライト、フォグランプと言った外観上の違いがデミオスポーツの大きな違いです。内装も少しスポーツ意識して違いますが...。
今回マツダ車から同じデミオにすることで、下取りと値引きのトータル金額をかなり勉強していただき、デミオくんになりました。カラーはカーボンブラックでぼくの車歴では初めて濃色の選択でした。これには色々と訳がありまして、のちにケイマンSのアトラスグレーを考えていたので、試しにカーボンブラックで洗車キズが付かないようにボディの手入れ方法をいろいろと試す意味合いでこのカラーを選びました。最近の塗装は良くなったのか、タフに使用している割に思ったより磨きキズが今の所、目立ちません。しかし、スーパーなどの駐車場に止めている間に、ちょこちょことやられているなぁと洗車時に気づくことも多々あります。でも、デミオを選択した理由は、そういった外的要因でやられる傷などのリスクとコスト的なことを考えて選択したのであまり気にしていません。
当初は、ぼくの車ワースト10ランキング以内(順位はつけた事無いですが)に入っていたかもしれないデミオですが、今では愛着があります。今後も大事にしてやろうと思います。
by car-blog | 2007-06-08 13:35 | 他の車