カテゴリ:バイク( 3 )

絶対に倒れないカプセル型バイク

c0121975_10523924.jpg

米・マサチューセッツ州の新興バイクメーカーLit Motors が開発した二人乗り電動バイク「C-1」はフルカバードでドライバーを衝突などの衝撃から守り、さらに下部に設置されたジャイロによって自動的にバランスをとり転倒を防ぐ。

テスト映像のなかで、押しても蹴っても垂直状態に復帰する姿があまりに衝撃的です。場所も取らず、小回りが効き、安全。車の座すら奪ってしまいそうな未来の夢物語のようなこのバイクが2013年の発売を目指して目下開発中とのこと。


by car-blog | 2013-09-01 10:53 | バイク

久しぶりのスクーター

c0121975_11231728.jpgちょっと気軽に乗れるスクーターが欲しいと思い、YAMAHAのビーノ125を買ってしまいました。原付は、すぐ30キロオーバーで捕まりそうなので、止めました。
久しぶりにスクーターに乗りましたが、二輪も楽しいです。
昔に乗っていたV-MAXを思い出し、再び二輪に熱が入りそうです。
次は、ハーレーのV-RODに乗れたらいいなと思います。


c0121975_11233538.jpgカラーは、ブラックとシルバーの2色です。ブラックはボディ全体が黒ですが、シルバーは、リアのセンター部分が黒だったので、それだけの理由で、このシルバーにしました。
c0121975_11234815.jpg全長/全幅/全高:1,741/699/1,063mm
シート高:740mm 重量:101kg
エンジン:空冷4ストローク単気筒 排気量:125cc 最高出力:11ps/8500rpm 最大トルク:-/- 燃料タンク容量:5.1L 始動方式:セル/キック 変速機形式:無段変速式

何年か前にあった、HONDAのジョーカーが好きでしたが、
最近、各メーカーの125CCのスクーターは、なかなか良いデザインのバイクがありません。
その中で、ビーノ125は、レトロな感じがすると思います。
by car-blog | 2008-01-19 11:51 | バイク

V-MAX

c0121975_14392479.jpgこの季節になるとバイクが懐かしく思います。約6年前、YAMAHAのV-MAX(逆輸入)が欲しいために限定解除を取ったようなものです。当時は次にハーレーも視野に入れていたので、歳をとる前に早めに免許取得した方が、いいかなと考えていたと思います。
V-MAXは、かなりパワフルな印象が残っています。高速道路で、かっ飛ばすとシャーシがパワーに負けてるのが感じるほどでした。とりあえずパワーについては凄いの一言です。
そして、V-MAXは2点変更した覚えがあります。1つ目はあめ玉のようなウィンカーです。これは、1番最初に小さめのウィンカーに変えました。2つ目は、マフラーです。左右2本だしの計4本のマフラーにしました。マッスルな車体に似合っており、音も低音の迫力あるマフラーでした。今も自分が所有してたV-MAXが現役で元気なのか気になります。
日本のバイクメーカーは、歴史があって、味わい深いものが多いです。
日本の車メーカーも頻繁に新しい車種を増やさず、1つの車種くらいは継続性を持って、こだわりある車作りを続けて欲しいと思います。
(画像は、メーカパンフレットのノーマル状態のものです)
by car-blog | 2007-05-24 15:04 | バイク