ケイマンのリアスポイラー

c0121975_17103232.jpg
リアスポイラーは時速120キロを超えると自動的に浮き上がり、時速80キロを下回ると自動的に格納されます。自分のケイマンの後ろ姿は、いつもリアスポイラーが格納された状態しか見たことが有りませんでしたが、先日のドライブで初めてマニュアル操作で上下させてみました。
c0121975_17234695.jpg
いつも格納された状態で見慣れているので、浮き上がった状態は少し違和感があります。リアスポイラーはダウンフォースを発生させるため必要ですが、走っている後ろ姿をイメージするとそんなに格好が良いと思いません。
c0121975_1732571.jpgこのテックアートのリアスポイラーは、ほどよい大きさ、シンプルなデザインが気に入りました。純正のデザインと間違えるほどマッチしています。唯一、純正以外で良いと思えたリアスポイラーです。
(このケイマンはオフ会でお会いしたヨッシーさんの車です)

ぼくは、911のGT3やターボに装着されている純正のリアスポイラーは好きですが、純正以外の大きく目立つエアロなどは、あまり好きではありません。


c0121975_17525764.jpg
純正のリアスポイラーです。ポルシェ純正パーツ推進派のぼくにとっては、心揺さぶられる商品です。これを装着したら、フロントリップスポイラーも絶対、欲しくなりそうです。今の所、目を逸らしていますが...。
by car-blog | 2007-06-19 18:32 | caymanS
<< ケイマンSのプラモ 昨日の筋肉痛が >>